So-net無料ブログ作成

2ショット [東山紀之]

今日は、昨日「サンデーLIVE」のコメンテーターに古田敦也さんが決まったことがわかりましたので、朝のワイドショー他を録画予約しておきました。
すると「グッドモーニング」「羽鳥慎一のモーニングショー」「ワイドスクランブル2部」で東山紀之さんと古田さんのステキな2ショットの映像をゲットできました\(^o^)/。

また、19時からは「外国人100人が本当に驚いた世界びっくり映像NO1決定戦」に東山さんがゲスト出演(^◇^)。
ハットにスカーフという東山さん定番のかっこいいスタイルで映像を見ている東山さんを見ているという番組でしたが、東山さんを1日に4番組で見られて幸運な一日となりました(^◇^)。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

週刊新潮 [東山紀之]

今日から9月、東山紀之さんのお誕生月ですね(^◇^)

昨日発売の週刊新潮の記事に「東山紀之さん」のことが載っていました。

見出しは:「東山紀之」キャスターデビューに頭を抱えるテレ朝

また10月からのキャスター就任にあたって、ニチアサやスマップファンの抗議が強くて、テレ朝が頭を抱えているのかと勘ぐってしまいました。7月3日に発表された後、ヤフーニュースのコメントは批判が多くて、せっかくの東山さんの新しい活躍の場ができたというのに皆さんが大喜びで祝福できるような雰囲気ではなかったからです。東山さんに責任はないのですが。

記事の内容は・・・
ジャニーズ事務所ナンバー2の東山がキャスターデビューするという。が、スタートまであと1か月だというのに肝心の制作サイドがある問題で頭を抱えているというのだそうです。

どんなことだろう、気になる!と思って読み進めてみると・・・

番組で解散したスマップの話題をどう取り扱うか、東山にどう取り扱わせるか、それが決まらないのが問題だったんですって。
なんでも、序列が上の東山に事務所のマイナスイメージが付きまとう話題を語らせていいものか忖度しているのだそうです。
しかも視聴率は、日曜早朝なのでさほど気にはしていないそうですよ(笑)。

記事によると、ニチアサの時間変更やスマップファンのクレームに対して制作サイドは気にしていないようです。
スマステが9月で終了すると最終回のことがスポーツ紙で取り上げられて、それを取り扱うかどうかだなんて。東山さんは迷うことなく率直に感想を語ればいいことですよね。先輩として25年間彼らとともに過ごしてきた東山さんのこと、未来志向でエールを送ってくださるに違いありません。大げさな見出しにドキドキする必要は全くない記事でした。

それよりも最後にキャスターの大先輩みのもんたさんのコメントがうれしかったです\(^o^)/。
この言葉をもっと大きく取り上げていただきたかったくらいです。
みのもんたさん曰く
「キャスターとは、番組内容やゲストをどう扱って話を進めていくかが大事。その点、東山クンは適任だね。彼は、礼儀正しく人を立てるタイプだからうまくいくんじゃないですか。」

そうです。前から思っていたんですけど、東山さんは決して自分が前面に出しゃばらず、相手から意見を引き出すのがすごくうまいので、「バース・デイ」の対談などを見ていてすごく感心していました。みのさんが東山さんのそういう点をご存じで認めてくださったことがすごくうれしかったです。

「刑事7人」の撮影が終わって、今は10月からのキャスターに向けて、制作サイドとの話し合いなども進んでいることでしょう。ジャニーズがニュースキャスターしてもぜんぜんおかしくないですよね。批判をはねのけて、東山さんらしく落ち着いたキャスターぶりを見せてくださることを期待しております(^^)/。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

ドラマ撮了後のヒガシ [東山紀之]

東山紀之さん主演の「刑事7人」はあと残すところ、第8話(8/30)第9話(9/6)第10話(9/13)の3回になってしまいました。

テレビでは第7話の放送が終わったところで、ドラマの撮影は8月24日にクランクアップ。
東山さんはじめキャストの皆様、スタッフの皆様、暑い夏ドラマの撮影は本当に大変だったことと思います。お疲れさまでした。

ドラマの方はクライマックスに向けて盛り上がりを見せるそうですし、数々の伏線がどのように解明されるのかとっても楽しみですので、おもしろいドラマを期待しています。
今回は、東山さんの口からというより、高嶋さんや塚本さんなど他キャストの皆さんから続編希望の話が出ていて、なんかヒガシファンとしても嬉しく思いました。それだけチームワークもよくまたやりたいという思いが出る環境だったのだと思います。
是非今のところ平均視聴率は11%を超えていますので、このまま2桁をキープしていただいて第4シリーズにつなげていただきたいと思います。

さて、東山さんは、すでに猛暑の中の連ドラ撮影から解放されて、今は毎日どのように過ごされているのでしょうね。ほっとされながらも10月からのキャスター仕事に向けて勉強も欠かさないことでしょう。

9月に入って東山さんのテレビ出演情報がありました。

〇9月4日(月)19:00~21:48
『外国人100人が本当に驚いた 世界びっくり映像No.1決定戦』:テレビ朝日

〇9月28日(木)20:00~21:54
『新・棟居刑事シリーズ10 棟居刑事の凶縁』 :テレビ朝日


☆☆☆

いつも投票をお願いしているドラマ投票所で
「ドラマおすすめランキング2017年」という投票コーナーがあることに気が付きませんでした。
見てみたら「刑事7人」がすごく低いので投票のご協力をお願いいたします。

ドラマおすすめランキング2017年
http://tvkansou.info/osusume2017/

↓こちらのランキングも、まだの方はよろしくお願いいたします。

東山さんを応援してください。一人1回の投票ですのでよろしくお願い致します。

〇「夏ドラマ一覧表と期待度2017」
http://tvkansou.info/2017natsudorama/

〇「主演クラス俳優と女優投票2017」
http://tvkansou.info/haiyuu2017/

〇「NHK大河ドラマ歴代視聴率ランキングとはまり役投票」
http://tvkansou.info/taiga/













nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

「デジタルTVガイド」 [東山紀之]

8月24日発売の「デジタルTVガイド」に東山紀之さんのインタビューが掲載されていると知り、購入してきました。
東山さんのインタビューは1ページ。
「刑事7人」の黒スーツ姿でかっこよく腕を組んでいる[黒ハート]グラビア写真付き。
記事では、
東山さんは、第6話で天樹悠の妻子の死の真相がはっきりして、天樹と東山さんの中のモヤモヤしていたものが取れてスッキリしたそうです。確かに事故死ではなく、明らかに殺害されたことは狂気の犯人からわかりましたし、犯人との対峙で彼の挑発に乗らず見事に相手を愚弄して打ちのめして終わりましたからスッキリ。でも妻は「おなかに子を宿していた」ということで、その子は誰の子なのか、天樹悠があまりにもきっぱりと否定していたので、その点については私はいまだスッキリしません。
最終回までに堂本教授との会話の中で明らかになるのでしょうか?

それはさておき、クライマックスに向かって今までの物語がすべて最終回へとつながっていくそうです。山下(片岡愛之助さん)がいまだ生死不明ですけど、もちろんそれも明らかになるでしょうし、うさん臭さのある片桐(吉田鋼太郎さん)も何か馬久根とつながっていそうで怪しいですし、スパイを頼まれた水田(倉科カナさん)の動きも気になります。
そういう伏線が最終回に向かって動き出すといっても、あと3話。中途半端に臭わすだけのセリフでは、またつまらなくなってしまいます。どうしてもこの第3シリーズは次シリーズにつなげるためにも成功のうちに終わっていただきたい。そのために、第8話、第9話を大切にして第10話の最終回につなげていってほしいです。
次回はまた視聴率が2桁に戻ってほしいものです。


「デジタルTVガイド」に東山紀之さんが1月に撮影をしていた棟居刑事ドラマの放送日が載っていました!
「新・棟居刑事シリーズ10 棟居刑事の凶縁」 *9月28日(木)20時~テレ朝

「刑事7人」が最終回を迎えてヒガシロスになるところでしたが、2週間後にまた東山さんの刑事姿を見ることができます。うれしい限りです\(^o^)/

そして東山さんの51歳の誕生日のあと、10月からは東山さんのキャスター番組が始まりますね。
期待でワクワク&心配でドキドキです。

☆☆☆

いつも投票をお願いしているドラマ投票所で
「ドラマおすすめランキング2017年」という投票コーナーがあることに気が付きませんでした。
見てみたら「刑事7人」がすごく低いので投票のご協力をお願いいたします。

ドラマおすすめランキング2017年
http://tvkansou.info/osusume2017/

↓こちらのランキングも、まだの方はよろしくお願いいたします。

東山さんを応援してください。一人1回の投票ですのでよろしくお願い致します。

〇「夏ドラマ一覧表と期待度2017」
http://tvkansou.info/2017natsudorama/

〇「主演クラス俳優と女優投票2017」
http://tvkansou.info/haiyuu2017/

〇「NHK大河ドラマ歴代視聴率ランキングとはまり役投票」
http://tvkansou.info/taiga/































































nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

「大相撲総選挙2017」 [東山紀之]

早いもので、8月に入りました。
暑中お見舞い申し上げます。

盛夏の中、東山さんは「刑事7人」の撮影をされながら、後輩の舞台を観劇されたり、番宣で3時間もの大相撲番組に出演されたり、「バースデイ」の収録、10月からの情報番組の勉強会をされたりと、大変お忙しく過ごされていられるのではないでしょうか[ぴかぴか(新しい)]


7月31日(月)19:00~21:54テレ朝の「大相撲総選挙2017」に東山紀之さんが出演するというので、3時間もの長い番組を見てしまいました。
東山さんは、白鵬関と「バース・デイSP」で対談して以来、ご自宅に招待したり、長女ちゃんが白鵬関のファンだったり、昔は、貴乃花・若乃花兄弟と雑誌で対談したり、貴乃花関の断髪式に出たりと、各横綱との交流もありましたから、その辺の話をされたりするのかなと期待しながら見ました。
けれど、相撲通の方がほかにいてそれぞれ蘊蓄を語り、東山さんの出番はチョット感想を言うくらいでした。しかも爆笑問題2人とウエンツ君の司会者のすぐ隣という好位置に座って居るというのに画面は3人が映ると東山さんは切れて映らないことが多く、むしろ司会者の後ろの2段目に座っていた方がよく画面に映るという不公平な状態が続き、ちょっとイラッとしてしまいました。
昔、ミュージックステーションに出た時の、タモリさんの後ろあたりにいるとよく映るあの感じと同じ気分を味わいました。
最後に「東山紀之さんからお知らせがある」と言うことで「刑事7人」の番宣をして終わりでしたぁ。[るんるん]

今日の朝の「ZIP!]と「めざましテレビ」を録画しておきましたら、東山紀之さんのゲストのシーンをゲットすることが出来ました。
「ZIP!」は6:14ごろ、「めざましテレビ」は6:40ごろ、それぞれ違うシーンが録れました。ツイッターでも、「めざましテレビ」の映像がありましたけど、やはりテレビの大画面で見ると、東山さんのスタイルの良さが際立っていました。足が長く、手も長いことがわかります。スタイル維持はさすがですし、トークも面白かったです(*^^)v

毎度ながら 投票のお願い
〇主演クラスはまり役投票ランキング
http://tvkansou.info/hamariyaku2017/#comment-13118

このような投票があることを知らず東山紀之さんに一票投じて、結果を見たら「2票」でした。
その後少しずつ増えてはいますが、
どうぞヒガシファンの皆様、応援を宜しくお願いいたします。

こちらも引き続き、まだの方はよろしくお願い致します。

一人一票なので、多くの皆様の応援をお願いいたします。

〇「夏ドラマ一覧表と期待度2017」
http://tvkansou.info/2017natsudorama/

〇「主演クラス俳優と女優投票2017」
http://tvkansou.info/haiyuu2017/

〇「NHK大河ドラマ歴代視聴率ランキングとはまり役投票」
http://tvkansou.info/taiga/




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

ゲスト出演 [東山紀之]

昨日7/29の健人君の夜公演を東山さんが観劇し、ステージに上がってトークしたことがツイッターに盛んにあがっていましたが、今朝の「シューイチ」でその時の映像を見ることが出来ました\(^o^)/。
東山さんはいつもの定番のスタイル(笑)、黒半そでTシャツに黒パンツ、黒cap。脚が凄く長かったというツイートもいくつか見かけましたが、確かに足長が目だちそうなスタイル(^◇^)。
「シューイチ」の映像はその後ツイッターでも見ることが出来、便利な時代になりましたね。
スポーツ新聞にも、東山さんが観劇したことが見出しの記事で見つかりました。

中島健人ソロ公演で照れた 先輩東山紀之がベタ褒め
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1864301.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

セクゾン中島健人、ソロ公演に東山先輩来た~「これは本当にすごい」
http://www.sanspo.com/geino/news/20170730/joh17073005030001-n1.html

29日は「刑事7人」第7話を撮影中だと出演した女優さんのツイートに書かれていましたから、撮影が終わっての観劇だったのでしょうね。健人君は「尊敬する先輩は東山さん」と言ってくれていましたので、その思いに答えた形になりますね。東山さん、後輩のステージによくゲストで登壇されて素晴らしいことですけど、少年隊ファンの前にそのお姿を見せていただきたいです。生ヒガシさんを拝見したのは「ジャンヌダルク」以来ありません。(有村架純さん、その時目の前で見た若い女優さんが今、「ひよっこ」で主演され大活躍ですね。)
テレビで毎年のようにドラマ主演してくださるので、ついいつも拝見しているような気になっていますが、生で見たいものです。やはりその時の興奮を久しぶりに味わいたいです。
10月からはテレビを通して毎週リアルタイムの東山さんを拝見できますが、毎回、心配でドキドキだろうと思います(^_-)-☆。もちろん楽しみにしております\(^o^)/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

プレモルのCM [東山紀之]

スーパーマーケットで買い物をしていたら、どこからか聞きなれた声が聞こえてくるではありませんか!そう、大好きな[黒ハート]東山紀之さんの声が!(^^)/

『プレモルの金曜日がやってくる』[るんるん]

思わず聞こえてきた声の方に行ってみると、サントリープレミアムモルツのイチローさんのCM映像を小さな備え付けのTV画面で繰り返し流していたのでした(^◇^)。
しばしその場にとどまり、品物を物色している風で、東山さんの声を何度か聞いてその場を離れました(^_-)-☆[るんるん]
昨日もテレ朝の「報道ステーション」でプレモルのCM『夏(イチロー)』篇30秒バージョンが2回も流れました。(実は先ほども流れたのですが。)結構よく見るCMですけど、このナレーションが実は東山紀之さんだって気が付く人は少ないんだろうなあと思うとちょっと残念です。でも、こうしてCMをやってくださることを嬉しく思いながら、CMが流れると耳をそばだてているわたくしです(^_-)-☆

☆☆☆

今日29日の夜に中島健人君のソロ公演「Mission:K」に行かれて、スペシャルゲストでステージにも上がられたようです。ツイッター検索でその時の様子がたくさん出ていました。さすが健人君。若いジャニーズファンはすごいエネルギーですね。
東山さんは現在「刑事7人」の撮影中ではありますが、コンサートに顔を出せるような時間が取れることもあるのですね(*^_^*)。

☆☆☆

東山さんの出演情報です!

〇7月31日(月)よる7時00分~ 3時間SP
『力士・親方70人&ファン1万人がガチで投票!大相撲総選挙』








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

週刊女性の記事 [東山紀之]

今週の7月25日発売の「週刊女性」に東山紀之さんの記事が載っていましたので購入してきました。
ネットでも
http://www.jprime.jp/articles/-/10233
『東山紀之にキャスター就任を決意させた森光子さん【享年92】の助言と”トラウマ”』

記事の内容は、
・東山さんが10月からテレ朝で日曜朝の情報番組「サンデーLIVE]をスターとさせる。「ニチアサ」と言えば情報番組の激戦区。キャスター未経験の東山がどこまで切り込めるか見ものです。
・東山はオファーがあった時、生放送の司会ということに不安があったそうです。でも「芸能界の母」と慕っていた森光子さんのアドバイスを思い出して受けたそうです。
・森さんは時代劇をしなさいとか勉強になるから情報番組の司会をしなさいとも言っていたとのこと。

ここまではなんとなくわかるような記事です。森さんの助言は前にも聞いたことがあります。

でも
東山はキャスターの肩書に一方ならぬ思いがある。2010年に東山さんのキャスター物ドラマのリメイク企画案を持ちかけたが局側に断られた。それに怒った事務所サイドが主演に決まっていたタレントを引き上げさせたんだとか。そのことが東山にはトラウマになっていたようだ。

と言うのですが、『キャスターへのトラウマ』ってこんなことだったんですね。いかにもこじつけの『トラウマ』ですねえ。単にジャニーズ事務所の強引なやり方をアピールしたかった記事のような気がしてきました。
東山さんは『〇〇妻』でキャスターをやって、まさか現実のキャスターをやることになるとはと喜ばれています。トラウマなんて感じさせない言葉です。

最後に『意外かもしれないが』と書き始まって、『東山さんが自伝本の中で差別への反対や殺人事件などに対して素直な意見を述べている。テレビでも同じように「ヒガシ節」を出せれば、名キャスターが誕生するかもしれない』と書いてありました。

始まってみないと何とも言えませんが、東山さんの今後のタレント生命がかかっているようなそんな大仕事を引き受けられたことは間違いありません。勉強を怠らない東山さんのキャスターぶりを世間がどう評価されるのか心配しながらもとにかく応援していきたいです。

☆☆☆

毎度ながら 投票のお願い
〇主演クラスはまり役投票ランキング
http://tvkansou.info/hamariyaku2017/#comment-13118

このような投票があることを知らず東山紀之さんに一票投じて、結果を見たら「2票」でした。
その後少しずつ増えてはいますが、
どうぞヒガシファンの皆様、応援を宜しくお願いいたします。

こちらも引き続き、まだの方はよろしくお願い致します。

一人一票なので、多くの皆様の応援をお願いいたします。

〇「夏ドラマ一覧表と期待度2017」
http://tvkansou.info/2017natsudorama/

〇「主演クラス俳優と女優投票2017」
http://tvkansou.info/haiyuu2017/

〇「NHK大河ドラマ歴代視聴率ランキングとはまり役投票」
http://tvkansou.info/taiga/




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

読売新聞 [東山紀之]

今日は読売新聞朝刊の「スタンバイ」と言うコーナーで東山紀之さんの紹介記事がありました\(^o^)/
写真は刑事7人のスーツ姿で微笑んでいて穏やかな顔つきで素敵な写りでした。

記事の方は『夏の風物詩になれたら』と言う見出しで、「刑事7人」について語っていました。

・新たな部署にもすっかり板についてきた。『夏になると7人が戻ってくるっていう、風物詩的なものになるとありがたいですね』と東山さん。
・『夏の撮影は暑さとの闘いは避けられないが、天樹はきちっとスーツを着こなしながら、犯人を追いかけて街中を疾走する。ドラマの中では涼しい顔をしているが実際はそうでもないようだ』と。この間の会報にもありましたけど、リハーサルでは上着を脱いでワイシャツ姿で何度も走っているんですよね。第1話の容疑者を追いかけるシーンは、さすが東山さん。東山さんの身体能力なくしてあの映像は撮れなかったと思うほどカッコよい追跡ぶりでした。
・やはり、『体がパキパキになりました。終盤は生まれたての子羊みたいに足がプルプル震えちゃって』。私はこの『生まれたての子羊みたいに足がプルプル震えちゃって』と言う表現が凄く的を射た表現で、感心してしまいました。走り過ぎると足ががくがくぶるぶるしてくるんですよね。さすがの東山さんでもあれだけ走れば、さぞ鍛えている足にも影響があったことでしょう。大変だったでしょうけど、あのシーンによって素晴らしい躍動感のあるドラマになっていたと思います。
・妻子を持つ東山さんにとって、ドラマでの妻子の死は『もし家族がいなくなったらと想像するだけで恐ろしい。天樹のように冷静でいられるだろうか』という思いで妻子のエピソードにこだわったそうです。東山さんが今、家庭を持ち幸せに過ごされているからこその感想だと思い、これからも益々お幸せにと願わずにはいられませんでした。

・10月からニュース番組のキャスターを務めることも書かれていました。『長年気になる新聞記事をスクラップしてきたことが、新しい仕事につながった』とのことですが、東山さんがキャスターに抜擢されたのは、やはり日頃の東山さんの真摯な仕事への取り組み方、知識欲、人との交流を大切にできるなど、様々な要因から東山さんを認めてくださっての事だと思っています。10月からのキャスター、東山さんらしく誠実にニュースと向き合って報道していただきたいなと思っています。

☆☆☆

毎度ながら 投票のお願い
〇主演クラスはまり役投票ランキング
http://tvkansou.info/hamariyaku2017/#comment-13118

このような投票があることを知らず東山紀之さんに一票投じて、結果を見たら「2票」でした。
どうぞヒガシファンの皆様、応援を宜しくお願いいたします。

こちらも引き続き、まだの方はよろしくお願い致します。

一人一票なので、多くの皆様の応援をお願いいたします。

〇「夏ドラマ一覧表と期待度2017」
http://tvkansou.info/2017natsudorama/

〇「主演クラス俳優と女優投票2017」
http://tvkansou.info/haiyuu2017/

〇「NHK大河ドラマ歴代視聴率ランキングとはまり役投票」
http://tvkansou.info/taiga/





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

TVガイド表紙 [東山紀之]

東山紀之さんが今週の表紙を飾っている「TVガイド」(7月28日号)。
表紙がいつもより上質で艶があり、東山さんの表情も微笑んでいてとっても素敵な表紙です。

東山さんの特集ページは5ページ。
東山さんのグラビア写真は、どれもこれも相変わらずいくつになっても本当にスタイルがよくてかっこいいです。衰え知らずの東山さん。素敵に歳を重ねられてこんなに長く夢を見させてくださるとは、幸せ[揺れるハート]

インタビューの内容は「刑事7人」の刑事たちの死生観やアクションで筋肉痛になったことなど。

「TVガイド}創刊55周年記念ということで「表紙登場ランキング」というコーナーがあり、
東山さんは、15位にランクインしていました。

インタビューページの中でも、表紙を見ながら共演した後輩たちのことを語っていました。先輩として後輩たちを温かい目で見ていられて、しかも対等に認めて褒めている姿に、人柄の大きさを感じました。

「TVガイド」最初の頃は冊子の大きさも小型でしたね。東山さんが単独で表紙になったのは1988年6月だったようですが、まだ購入はしていなかったです。何しろはっきり東山さんのファンになったのは1990年1月1日に「源義経」を見て一気にファンになったものですから、それ以前のドラマ「荒野のテレビマン」「男たちの激突」とか見たことはありません。「遠山の金さん」は再放送で見ることができましたが。
1995年10.27号の赤いシャツの東山さんの表紙は覚えています!「ザシェフ」の時のものですね。家の東山コレクションの箱に入っています。もうこのころは大ファンで何度も何度もビデオを見返していたころです。東山さんの写真のバックに東山さんの表紙のTVガイドが一つ一つ載っていましたが、3冊を覗いてほとんど手に入れていた冊子ばかりで見覚えがありました。長い年月を経た今も、まだ表紙を飾ってくださる東山さん。「刑事7人」の後も引き続き「ニュースキャスター」としての東山さんの活躍が見えて、本当にヒガシファンでよかったと思う毎日です。

TVガイドのインタビューにあたっての東山さんの記事
http://www.tvguide.or.jp/column/coverstory/2017/0728_coverstory.html

東山紀之さんが
表紙を振り返って
懐かしトーク!

表紙は、第3シーズンに突入しているドラマ「刑事7人」で
主演を務めている東山紀之さん!
創刊55周年超特大号の第2弾を飾るグラビアでの登場となります。

今回の企画の趣旨を東山さんに説明をすると
「55周年、おめでとうございます!」
とペコリと丁寧なお辞儀をしていただきました。
テーマは「Entertainer’s PRIDE」として撮影を敢行。
フォーマルな赤いスーツを身にまとい、
バラの花びらを華麗に散らす! ハットをセクシーに回転させる!
すべてをバッチリと決めていただきました。

また東山さんとTVガイドが共に歩んできた証として、
これまで飾っていただいた数々の表紙カットをバックにした撮影もおこないました。
少年隊として、ソロの東山紀之として、
初登場の1986年から現在に至るまで、じつに31年の長きにわたって登場していただきました。
「初登場は何年? …っていうことは10代のときかなぁ」
「ソロで初めて出たのは何年? …っていうことは21歳ぐらいのときか…」
とご自身の年齢と照らし合わせながら、ひととき懐かしい思い出を振り返っていたのでした。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能