So-net無料ブログ作成
カワサキ・キッド ブログトップ

「カワサキ・キッド」3 [カワサキ・キッド]

「カワサキ・キッド」は東山さんが42歳から43歳のころに書かれた自伝本です。
その中で、恋愛や結婚に関しての記述は今にして思うとなるほどなあと(^_-)-☆

「好きになる女の子は、勉強がよくできて、たいていくっきり二重瞼と共通していた。」
  東山さんは昔からよく好きな女子は?と聞かれるとこう答えていましたよね。

「最終的には一緒にいて楽しいかどうかに尽きる。」
「嘘がなく、自分も学ぶべきところを持っている人かどうかも僕にとっては大きい。」
「僕にも独占欲はある。でもそれで相手や自分の世界を狭めたくない。なので、相手にもどんどん好きなことをしてもらいたい。大事なのは互いの信頼だ。ただ、僕が仕事優先になることを理解 してもらえる人でないとダメだ。」

  う~~ん、ちょうど2008年に「覇王別姫」の舞台をやって、今の奥さんと共演しているんです  よね。この言葉に現実味があることが今にしてみれば感じられます。
奥さん、お子さんができても仕事をバリバリやっていますよね。

この本を読んでいると、東山さんは様々な辛い経験や周りの人から生き方を学び、悪いことに関しては自分はそうならないようにしようと心がけています。
 「酒におぼれるような人にはならないように」
 「ギャンブルはしない」
 「商才のない母の血を引くから、この仕事以外には手を出さない。」などなど
「父性にも目覚めた」と書かれていて、東山さんは、このころ幸せな家庭を築くことをすでに頭に描いていたんじゃないかなあなんて勝手に妄想しています。

以前、テレビ番組で奥さんの木村佳乃さんが旦那さんのことを聞かれたときに、(この番組では平気で「東山さん」と名前を出して木村さんに聞いていたんですよね。)
「冷蔵庫の中のものをどんどん賞味期限が来ると片づけちゃう。食べようと思っていたケーキも片づけられちゃった(>_<)」
と言っていたんですけど、「カワサキキッド」にもその記述が。。。
「冷蔵庫に賞味期限が切れた食品は置かないし、口にしない。もったいないの精神に違反するといわれそうだが、僕の仕事は体が資本だ。万一、体調がおかしくなれば、多くの人々に迷惑をかけ る。それを思うと自分の最低限の責任として、口にしないと決めている。」
   なるほどね、結婚されても実践しているのね( ^)o(^ )

「カワサキ:キッド」を読み、幼少のころの決して恵まれていたとは言えない環境の中でも逞しく前向きに素直に育った東山さん。

バラエティー番組で東山さんは、ジャニーズのタブーを気にせずお子さんの話を嬉しそうに話されます。
私も幸せそうな結婚生活の話を聞くのが実はとても楽しみなのです。ああ、よかったなと思えるんです。




  




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

「カワサキ・キッド」2 [カワサキ・キッド]

11月29日にも書きましたが、「東山紀之」でTwtter検索すると、『東山紀之が「反ヘイト本」を出版していた!』という内容が今も盛んにリツイートされています。

東山さんの意思とは関係なく「カワサキ・キッド」を「反ヘイト本」のレッテルを貼って流布されていることに怒りさえ感じます。特にLITERAの記事の最後の言葉は政治批判になっており、残念でなりません。
でも
多くの方が東山さんの本を「読む価値のある本」といい、「東山さんの思いに共感した」「胸が詰まる」「読んでみたくなった」「さすがヒガシ」「彼に対する見る目が変わった、いい人だ」「ヒガシの考えは真っ当だ」という声が多く聴かれたのは嬉しいことです。私の思いと同じように、この本を「政治批判」や「反ヘイト」に利用するのはいかがなものかという声も多々あり、政治的なことで東山さんに迷惑がかからないことを願うばかりです。

そんなわけで久しぶりに「カワサキ・キッド」の本をまた手に取ってみました。

すると内容をすっかり忘れていたことも多く、今あらためて読んでみると、新しい発見もありなかなか面白いです。

そんなわけで時々この本の内容に触れて書いてみたいと思いました。

次回は「東山さんの恋愛と結婚観」について触れてみようと思います。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

「カワサキ・キッド」 [カワサキ・キッド]

「カワサキ・キッド」は東山さんが、2008年12月から1年間にわたって週刊朝日に「これまでと、これからと」というタイトルで連載コラムで書き綴ったことを、加筆修正して2010年6月に出版した東山さんの自伝エッセーです。

2008年夏に23年間続いたプレゾンが終了し、東山さんにとっては新たな気持ちでスタートしようという思いで書いた自分史だと思います。

東山さんは、デビュー時から端正な顔立ちに加え礼儀正しく落ち着きのある若者で、その姿に育ちの良さを感じさせました。ストイックでクールなイメージがありましたが、いつも一歩引きさがり譲ることを知っていて、人への気遣いができる優しい人柄に私は大変好感を持ちました。
そんな東山さんが育ってきた幼少時の環境は決して豊かなものではなかったようですが、過酷な環境にあっても決して非行に走ったり後ろ向きな思考になったりすることなく、常に素直に自分の環境を受け入れ、前向きな考えを持ち、人との交流を大切にして育ってきた東山さん。哀しくつらい経験をしたからこそ精神が強く人に温かい人間となり、それが育ちの良さに見えたのはすごいことです。
東山さんの自分が不器用だから努力を怠らないという姿勢が私はすごく好きで、その仕事に対する真摯な姿勢にものすごく尊敬の念を抱いています。

なぜ、4年も前の「カワサキ・キッド」を語りだしたのかというと、今日の東山さん関連のツイートで、頻繁にこの本のことが話題になっていたからです。
「東山紀之が『反ヘイト本』を出版していた!」と。
LITERAというサイトの記事が盛んにリツイートされていたのですが、東山ファンとしては、東山さんを政治思想に利用しないでいただきたいという思いです。

東山さんは個人の経験(幼少のころの在日韓国人との温かい交流など)から、差別のないまともな考え方をしている人ですが、素直に文章に込めた意志とは関係のない反ヘイト思想に使われるのは思ってもいないことではないでしょうか。
ツイートでも東山さんの本はよい話だが、政治に関連させるのはどうかという意見も多くあり、その点安心しました。東山さんがこのことでヘイトスピーチする人から攻撃されたりしないかと内心気になっています。

「カワサキ・キッド」の本は単なるタレント本というにはもったいないほど読み応えのある本です。この本の東山さんの生き方から学ぶことが多くありました。
「今日が人生の中で一番若い日」という言葉もその一つで、後ろを見るより前を見て進もうというポジティブな気にさせてくれる元気の出る言葉です。
『反ヘイト本』のくくりで語ってほしくない本です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
カワサキ・キッド ブログトップ