So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

10月も終わり [東山紀之]

早いもので10月が今日で終わってしまいます。
10月はなんか東山さんの話題が多くてうれしいはずでしたが、神経のつかれる怒涛の1か月でした。
10月1日(日)に東山紀之さんの初キャスター番組「サンデーLIVE 」がスタートして、5回の放送がありました。
その間に、13日には京都での「大岡越前4」の撮影が終わり、26日には新春に行われる帝国劇場での「ジャニーズHAPPY NEW YEAR アイランド」に出演の制作発表会がありました。申込期間が短いのですぐにチケット申し込みの手続きを取りました。
今日31日には朝刊に「週刊女性」の広告があり「東山紀之、キャスター視聴率低下でテコ入れ志願」という見出しを目にしました。そのことがヤフーニュースに記事になっていました(''Д'')。
「サンデーLIVE」が始まってから、東山さんのキャスターについてのツイッターやネットでの様々な声を目にすることが多くなりましたが、東山さんに対してだけでなくメリーさんやジャニーズタレントへの風当たりが強くなっていることを感じます。
キャスターとしての東山さんについては、よい点がたくさんありますし、直してほしい点もありますので、公式ホームページに意見を寄せて応援しています。
東山さんがキャスターの経験を通して今までの越せない壁を壊して新たな顔が見せられるようになったらいいなと思っています。

今日31日発売の「女性自身」にはジャニーズJR.との制作発表会見の記事が載っているようです。
 ↓
[10月31日発売の女性自身は、東山紀之さんとジャニーズJr.40人が登場した『ジャニーズHappyNewYearアイランド』製作発表の模様をリポート。緊張の面持ちで臨むJr.たちとレジェンド東山さんのコラボが新鮮です]

明日11月1日には日テレ「PON]で制作発表会の会見の模様とインタビューがあるようです。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

曇天に笑う 予告編 [東山紀之]

東山紀之さんが出演する映画「曇天に笑う」の 予告編1分版が配信されましたね。
今までの予告編では東山さんの映像はなかったのですが、今回の予告編では、東山さん演ずる岩倉具視の姿が1秒くらい、ワンシーン映っていました( ;∀;)

なんでも東山さんは「映画史上最も格好良い岩倉具視」だと太鼓判を押されていたので、漫画の岩倉の顔とは全然違う顔の東山さんがどういう風になっているのか興味がありました。
たった1秒の姿を見た限り、今までの東山さんと全く変わりのないお顔。髪型も衣装も明治時代の公爵といった感じで。。。キャストには東山さんの名前がラストの締めになっていました。

この映画は昨年に撮影されて本当は2017年に公開予定の作品だったんですね。昨年、東山さんがいつ映画撮影に入っていたのか全く分かりませんが、いろいろ知らないところでお仕事されていることがわかりました。

明日は「サンデーLIVE」5回目。そろそろ慣れてカンペをちらちら見ることなくカメラ目線で話ができるようになるといいですね。皆さんに認められるキャスターになっていただきたいのです。
公式HPのツイッターでは
【 #サンデーLIVE!! 】
▼キャスター #東山紀之 !
▼​選挙後初!菅官房長官が生出演…暮らしは?憲法は?
▼台風22号最新情報
▼選挙過労?選管職員事故のウラ側
▼ #古田敦也 下克上CSに提言&日本シリーズも

とありました。
菅官房長官が生出演ですって!!東山さんが菅さんにインタビュー?まだまだ政治関連に不慣れな東山さんが?いきなり、大役を?・・・どうか卒なく対応できますように。東山さん、頑張ってくださいね。
明日は5:50~、早いのでもう就寝することにいたします(^^)/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

帝劇新春公演制作発表会見 [東山紀之]

今日26日、東山紀之さんが舞台の制作発表会見に出席されました。
その舞台とは、2018年1月に帝国劇場で上演される「ジャニーズHappy New Year アイランド」。

東京グランドプリンスホテル新高輪 飛天 で開催されたようです。この間、ファンクラブからこの制作発表に参加希望の案内が来ていましたけれど、残念ながら行くことはできませんでした。でも1月の公演には何回か複数行きたいので申し込みします。果たしてチケットがとれるかどうか心配ですが(*_*;。期日は1月1日から1月27日まで全36公演。東山さんは特別出演ということで、第2部に出演されるのだとか。

ステージで踊る東山さんを生で見るのは2013年の東京グローブ座で田口君とやった舞台以来です。
プレゾンの最終が2008年であれから9年4か月も立っていると知り、プレゾンも遠くなりにけりです。
ただただ東山さんが舞台で華麗にダンスするステージを見たくて申し込みしますけど、若いジャニーズJr.は全く顔と名前がわかりません。
若い子たちに混ざっておばさんが行ってもいいのかしらね。遠慮しながらも若作りしてまいりましょう(^_-)-☆

ついこの間、ブログ3周年で「ジャンヌダルク」の舞台を見に行ったことを思い出していたところでしたが、まさか、東山さんの舞台を、来年早々に見るチャンスが来るなんて。
本音は少年隊のステージが見たいとかいろいろ思うことはありますが、東山さんをまた舞台で見られるなんて思いもしていなかったので、驚きとともに、楽しみたいと思っています。チケットが当たればの話ですが。。。

明日は「めざましテレビ」や「ビビット」で制作発表会見が流れることがツイッターに書かれていました。きっと他のエンタメ情報でも流れるかもしれませんね。録画予約しておこうと思います。



nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:芸能

第4回「サンデーLIVE」 [サンデーLIVE]

10月22日の「サンデーLIVE」。東山紀之さんもキャスターとして4回目を迎えました。
ツイッターでは「置物」とかいろいろ批判も目にするので、東山さんが誰からも認めてもらえるようなキャスターになっていただきたいと、毎回、変な例えですが授業参観で我が子を見守る母親のようなドキドキヒヤヒヤ気分で東山さんに心の中で「頑張って!」と声援を送りながら見ています。
初回に比べてだいぶ落ち着いて進行されていて全体としては良くなっているのではないでしょうか?でもまだ、なんかここでは、こうしたらよかったのでは?と思うこともあって、心配は尽きません(*_*;

〇良くなっているなと思うところ
・最初の挨拶、和やかでいい雰囲気です。でも今日は台風が来ているので笑顔ではなかったですけどね。
・「エンタメLIVE 」今までで一番よかった回でした。元若島津関のことでは、「2年ほど前に稽古場でお会いしてとてもやさしい方」と自分の感想を話していました。さらに、浅田真央さんのフランス人との交際については「フランスの方ならこのくらい当たり前じゃないですかね。日本人は過剰に反応しすぎ。男性だったらそうするでしょ。」声も大きいしはっきり言っていてグッド。浅尾さんが「撮られなかった」を受けて、「僕は結婚してから撮られましたよ。妻と。食事の後に。なんで今さら撮るのかなあと思いました。」ヒロドさん「改めて夫婦の姿を撮りたかったと・・・」。いしだ壱成さんの七つの掟がある話では、東山家は?と聞かれ「こういうの、一切ないです。」と。トランプ大統領の描いたエンパイヤ―ステートビルの絵を見て「キングコングが登っていたらいい値段になったかな。」なんか、ご自分の話も交えながら、コメントも良くて、このエンタメのコーナーは一番早くなじんできたように思いました(^◇^)。ヒロドさんとの掛け合いもなかなかいい感じでしたね。
・ヒートショックで「僕も倒れたことがあるんですよ」とその様子を訥々と語ったのは経験者として受け止めて見ていることがわかり良かったです。
・「東山勉強会」今までは、脇に、ヒロドアナや小木アナが立っていてサポートしていたのですが、今回は、脇にアドバイザーの二人が立ち、東山さんがコメンテーターやアドバイザーに質問しながら仕切りました。この点は良かったと思います。これからもこのコーナーは東山さんが自分で仕切って進めてほしいところです。質問はあらかじめ決められていたと思うのですが、まだカンペをちらちら見ている姿も見えて、声も元気がなかったので、さらに自信をもって望んでほしいところです。
・「ストレッチ」もうこれは言うことなしですよね。日ごろから体は柔らかいので、いとも簡単にやってしまいます。手も足も長いのでスタイルの良さが際立っていますね。ただあまり周りで「東山さんはすごい」を連発すると東山さんに気を使い過ぎとか言われてしまうので控えていただきたいですけどね(*_*;。
・ワイプに映る顔が最初の頃よりだいぶ笑顔やつぶやきが多くなって表情がとてもよくなってきましたね。相変わらず端正なお顔で素敵です。無表情と言われやすいのでこれからもさらに意識していってほしいです。
[新月]改善してほしいところ
・古田さんや松木さんはスポーツコメンテーターとしてはもうベテラン中のベテランですから、
2つのコーナーでは、明るくにぎやかで元気もよく、弁も立ってスラスラ言葉数も多く進行されています。対して、東山さんの扱うニュースや東山勉強会は内容からいって元気でいいかというとそうではありませんけど、もう少し自信をもって活気のある進行をしてほしいです。慣れてくればきっと変わりますよね。
・中継でコメントを求められたときに返す言葉数が少ないですね。とっさに何を答えていいのかわからなくなってしまうのかな。千歳市の秋サケ溯上の中継で「東山さん、ご覧になっていかがですか?」「なんか・・壮大ですね。 なかなか・・」ちょっとそのあと間が空いてしまいました。ほかにも東山さんに振っているのに答えが遅かったりしていましたね。初回に自衛隊の女性に聞いたコメントで自信がなくなってしまわれたとか。そんなことはないと思いますが。返しの言葉が少ないのがちょっと残念です。

東山さんはあくまでもタレントキャスターです。いろいろなニュース情報番組でキャスターをやっていられる方々は元は違うとしても現在はほとんどキャスター専門ですよね。でも東山さんはキャスターをやりながら、ドラマや舞台にも出ているわけですから、「浮世離れの払しょくが課題」とか言われていますが、いろいろなキャスターがいていいと思うのです。東山さんは浮世離れ感のある方ですし、ジャニーズのオーラをまといお茶目な天然なところもあって、それをよさとして受け止めてもらえるような流れになったらいいなと思ったりします。
素敵な素敵な東山さんがキャスターとして皆さんに認めてもらえるように願い、心から応援しています。

☆☆☆

昨日24日、東山紀之さんのことでファンクラブから嬉しいメールが届いていました。
51歳になってもワクワクドキドキさせてくれる東山さんに、ますますメロメロです(←上手い表現が見当たらずお恥ずかしい(#^^#) )

亀淵友香さんの訃報にも驚きました。亀淵さんと言えば東山さんとデュエット曲「ジュエル」を出していましたね。正直なところCDを持っていますが、あまり聞くことはなかったですけど・・・
この間テレビで歌の審査員をやっていられて拝見したばかりでしたので大変驚きました。
心よりお悔やみ申し上げます。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

ヒガシ結婚記念日&ブログ3周年 [東山紀之]

今日10月23日は、東山紀之さんの結婚記念日ですね。もう7周年になるんですね。おめでとうございます[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
本日ほのぼのヒガシのツイッターを発見しました。
①『今日、某所でお食事帰りのヒガシ先輩に遭遇してしまって……お子さん連れて、周りと明らかに違う異常にスタイルの良い、アスリートみたいな男性が出てきて、1発で分かるオーラの持ち主だったのに路上歩き出したらお子さんの両手取って「ジャンプぅ〜♡うぅ〜高い〜♡」って戯れてて超可愛かった…の…』
 『とても声はかけられなかったな…お子さんめちゃくちゃ可愛かったもん…1番無邪気だったの紛れもなくヒガシ先輩だったけどな…』

②『草刈正雄さんと、成城のスタバ常連のおばさんと、3人で少しだけ話してたら、草刈さんに挨拶するために、東山紀之と木村佳乃が、二人揃って来ましたwww プライベートでこんなにレアな方々を間近で見ることはできません』

私生活も充実されていらっしゃるようでお幸せそうで何よりと存じます[黒ハート]

☆☆☆

そして、私が東山紀之さんを応援しようとこのブログを始めて今日で丸3周年になります(^^)/。
スタートは2014年10月23日。
東山さんが舞台「ジャンヌダルク」に出演されていて、何度か観劇をしているうちに東山さんを目に見える形で応援したいと思うようになっていました。ブログ開設には東山さんの記念日にしようと思っていて、すでに東山さんの誕生日は過ぎてしまっていましたので、この日に始めました。
翌日には東山さんの舞台「ジャンヌダルク」東京千秋楽を観劇に行って大感激していたんですね。
初主演の有村架純さんは、昨年紅白歌合戦の紅組司会、今年はNHK朝ドラ「ひよっこ」の主演と大活躍。まだ初々しい有村さんを支える頼もしい東山さんの「シャルル7世」が懐かしく思い出されました。

私は、このブログ第1回目に「常に今が素晴らしく魅力にあふれた東山さんを応援していきたい」というようなことを書いていました。
あれから3年。本当に「常に今が素晴らしい」東山さん。まさか今年になって2時間40分もの生のニュース情報番組のキャスターになられるなんて予想もしませんでした。本当にブログをたどっていくと舞台「ジャンヌダルク」から始まって翌年からは「〇〇妻」「花燃ゆ」の桂小五郎など次々にドラマ出演があって、その都度東山さんの魅力に浸りながら過ごすことができ、感慨深いものがあります。
地味な場所でブログをひっそり開いておりますが、アクセス数が32万件をすでに超えておりまして、ご訪問いただき、ありがとうございます(^◇^)。毎日更新することが無くなってしまいましたが、息長く東山さんをずっと応援していきたいと思いますのでこれからもどうぞよろしくお願いいたします。m(- -)m


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:芸能

「週刊女性」 [東山紀之]

今週火曜日発売の「週刊女性」に東山紀之さんのお名前を見つけました。
新聞広告の見出しは『東山紀之、日朝の顔も「娘の運動会が・・・」』
実際の週刊誌での見出しは
「東山紀之、日朝の顔も「娘の運動会が・・・」思わぬ”弊害”
 ―J後輩から「失敗しろ!」も「サンデーLIVE」奮闘中―

「週刊女性」と言えばアンチジャニーズで有名で結構ジャニーズタレントを下げる記事が多いんですよね。心配しながら読んでみましたら、結構ほっこりする記事でホットいたしました。
このところツイッターで東山さんをけなすコメントが多すぎて悲しくなっていたところなのでこういう記事は嬉しいです。
 中身は、ネットでも見られます。
 http://www.jprime.jp/articles/-/10841

要するに東山さんは平日のキャスターではなく日曜日なので日曜日には午前3時にテレ朝入り。つまり土日を使った泊りでのお出かけや旅行ができなくなる。また、運動会は土曜日が多いが雨になったら日曜日に延期。そうしたら、娘さんの出番が終わっている可能性も。というような話で、番組をやることによって「二児の父親」の東山さんは、今年の運動会を見届けることができるだろうかという家族ネタでした。

そういえば今日のヤフーニュースで「NEWSポストセブン」の記事でペリー荻野さんの指摘で、東山さんは「浮世離れ」をしている雰囲気を克服し視聴者と同じ生活感を出すため、東山さんが打ち出したのは「二児の父の顔」であったと書かれていました。2回目冒頭での娘さんが「おはようございますがくらいね」と言われたという話からです。このペリー荻野さんの記事も批判記事ではなくてすごく嬉しく思いました。ペリーさん、3回ともちゃんと番組を見てから書いてくれているんですよね。ヤフーのコメントは番組をほとんど見ないで、東山さんが「無表情だ」とか言われても、ニコニコして会話しているのにちゃんと見てほしい!と思ってしまいます。

ペリー荻野さんは、『東山さんは「語るアイドルキャスター」になりきる。これが番組と視聴者が求めるものだ』と言い切っていました。

東山さんは後輩に遅れての遅咲きのジャニーズキャスターですが、後輩君達のキャスターはメインではなくサブキャスターであったり、ワイドショーで女性のパートナーのいるMCだったりで、2時間40分もの長丁場を一人でメインキャスターをするのは東山さんが初めてなんですよね。土曜日の城嶋さんも石原良純さんと2人キャスターという感じで、この番組は週刊ベストテンでニュースをアナウンサーがどんどん進めていくので東山さんのキャスターとは負担が全く違います。

2時間40分もの長い間をつつがなく進行し、コメントも入れて、仕切っていく。どう見ても初めての経験で初回からなめらかにできたら、キャスターなんて簡単な仕事だと思えちゃいますよね。もう少し温かく長い目で見てあげていただきたいなーと思わずにはいられません。

東山さんは、ニチアサの時間変更でいまだに叩きに来ているアンチがいますし、ジャニーズタレントへの批判は東山さん以外にも他のタレントさんにも凄い攻撃が向けられていて、東山さん以外にも大変な状況ですが、東山さんにはぜひこの危機を乗り越えて「ピンチをチャンスに」変えていってほしいです。ピンチをチャンスに変えられたら、その先には堂々とした立派な東山キャスターの姿が見えます。私的にはスタイリッシュで王子様的な雲の上の東山さんが憧れなので、俗っぽくないキャスターでいてほしいんですけど無理ですかね。あくまでもタレントキャスターでいいと思うのです。俳優のお仕事もステージのお仕事も続けていただきたいので、アナウンサーキャスターにはなってほしくはないのです。贅沢かな。とにかく今の状況を乗り越えて誰にも認められる力をつけていただきたく、東山さん、頑張ってください。応援しています\(^o^)/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

第3回「サンデーLIVE」 [サンデーLIVE]

東山紀之さんがキャスターを務める「サンデーLIVE」も第3回目。
東山さんも見ている私も、ようやく緊張が取れて、東山さんのステキな笑顔に魅了されながら楽しく拝見することができました。

まずオープニングの東山さん。明るい表情であいさつした後、アナウンサーやキャスターさんたちと最初のトークが凄く和やかで楽しく感じられました。東山さんも硬さがだいぶ取れてレギュラーの方々と打ち解けられてきているように感じました。

お天気情報の新人アナウンサーの林美桜さんが初々しくて可愛らしいですね。前に「東山さんについていきます。」と言っていましたが、今週も東山さんに「雨の日はどんな風に過ごされていますか?」と問い、東山さんが「DVDを見たり本を読んだり、大人っぽいことをしています。」と答えると「私も大人っぽいことしたいですね。」と答えていましたが、新人らしい初々しさがいいです。

その後も今週話題となっていた「煽り運転にどう対応するか」など、先週までは東山さんがコメントを言うよりすぐキャスターに振ってしまっていましたが、今週は落ち着いて自分の感想も話しながらコメントを振り分けていましたので、ずいぶん落ち着きが出てよくなってきたように思いました。

今日の「東山勉強会」は「神戸製鋼のデータ改ざん、どこまで波及?」問題でした。
東山さんが主演したNHKドラマ「七つの会議」とかぶるとヒガシファンなら思ったことでしょうね。そのことに触れるかなと期待して聞いていましたら、やっぱりしっかりと東山さんがドラマと絡めて話してくれました。あのドラマでは最後に苦しみながらも黙っていられず告発するんですよね。東山さんはそのことがあったのか「声を上げる人はいないのか?」と尋ねていました。カンペは時々見ていましたけど、しっかりと進行していたように思いました。

古田さんの「週刊シラベルスポーツ」は面白いコーナーですね。スポーツに詳しくない私も勉強になりました。

最後の「ストレッチ」は一番東山さんが輝くコーナーですね。投球フォームスタイルがぶれずにきちっと決まって美しい。毎回書いているようですけど、とにかくスタイルがよくて足の長さが際立ちますね。51歳であのスタイル維持は素晴らしいです。ただ細いだけでなく筋力があるので頼もしいです。

ワイプの表情も笑顔や語りかけなど多くなってもう無表情だなんて言われなくて済みそうです。

来週は衆議院選挙の投票日。東山さんもますます時事問題に目を光らせて望まれることでしょう。毎週、テレビを通してですが生の東山さんに触れることができる番組ができて本当にうれしいです(^◇^)。



nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:芸能

「大岡越前4」撮影終了? [大岡越前]

東山紀之さんがこのところ京都に通って撮影していたBSプレミアム「大岡越前4」の撮影が終了したみたいですね。
今日13日、金山一彦さんのオフィシャルブロブをのぞいたら、きょう撮影が終了して帰京したことが書かれていました。
 3月末より約1か月
 8月末より約1か月半
の2回に分かれての全8話の撮影だったそうです。東山さんが終わったかどうかはわかりませんが、文章からすると全体の撮影終了の感じがしました。お疲れ様でした。

こうしてみると
 3月末から「大岡越前4」の撮影の前、3月8日に神社で必殺仕事人の撮影情報がありましたから、やはり「必殺仕事人」→「大岡越前4」と撮影をされて、その後東山さんは「刑事7人」の撮影に入るので中断し、8月末に「刑事7人」の撮影が終わったらすぐに京都で「大岡越前4」の撮影の続きを撮ったということになりますね。考えたら1月、棟居刑事の撮影から始まって立て続けにドラマ撮影を10月までやってこられたんですね。そして6月に初のニュースキャスターを引き受けられて,本当に忙しいことですけど、ファンは嬉しい悲鳴です。

「大岡越前4」の撮影が終わって東京に戻られれば、東山さんも少しは落ち着いて「サンデーLIVE」の番組に取り組めるかもしれませんね。
また「東山勉強会」では地方にロケに行って報告をしていただきたいです。そうしないと仕事しているように見てくれないですからね(笑)
「サンデーLIVE」で生のニュース情報がわかるのは素晴らしいことですが、何より東山さんの笑顔がたくさん見られてそれだけで幸せになれます。あー日曜日が待ち遠しいです(^^)/
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

「週刊文春」 [東山紀之]

今日発売の「週刊文春」の新聞広告を見たら
「新キャスター東山が”先輩”国分に「新聞は何紙読んでるの?」という見出しが目に入りました。

早速記事を読んでみると予想通りあまり嬉しい記事ではありませんでした(+_+)
特にイラっとしたのは「制作関係者」と名乗る人が「不慣れな印象はぬぐえなかった。自衛隊でKY発言。でもジャニーズの大幹部である東山にスタッフから注意するのはなかなか難しい。」とか「古田の存在が目立ちすぎ。東山と完全に主役が入れ替わる時間帯が長いのは今後の課題」と語っている事。「制作関係者」がそのようなマイナスなことを言ってること自体がおかしいです。番組をよくするためには、東山さんにいたらない部分はもっとはっきり提言すべきです。このことでふと思ったのは、実は番組が始まる前の東山さんの番宣CMで、東山さんが自分の名前をはっきり言っていないのによくこのようなCMを何度も流しているなあ、スタッフがやり直しをさせなかったのかなと思ったことです。結果、あのようなCMが流れて滑舌が悪いとかよく聞き取れないとか悪いコメントが並んでしまいました。スタッフはどんどん提言していいものを作り上げていただきたいものです。そのためには古田さんが目立ってしまうなら、東山さんがもっと目立つような企画を考えていただきたいです。
この番組では松木さんが「TOKYO応援宣言」でメインをはって30分近くワイワイ目立っています。古田さんも「シラベルスポーツ」でコーナーをもって、やはりここではメインで話していて確かに目立ちます。東山さんはというと、せっかく「東山勉強会」というコーナーがあるというのに、メインのようでメインではないんですよね。脇で小木アナが解説しているし、コメントは専門家が話していて東山さんはただ質問するだけ。これでは主役が目立たないのは無理もないですよね。

なんか、昨日は、ヤフーニュースで「東山さんの「サンデーLIVE」はこの秋のテレ朝の一番力を入れている番組だ」と書かれていて、コメントで反発を買い、今日のヤフーニュースでも
「ある芸能プロ関係者は「テレ朝とジャニーズはSMAP解散騒動後、急接近しています。なかでも東山の番組はジャニー社長自ら陣頭指揮に立っているくらいですから、その力の入れようは尋常じゃない」という。」と書かれていて、これがまたさらにSMAPファンの反感を買ってしまうわけなんですが(*_*;、。本当にジャニー社長が自ら陣頭指揮を執っているなんて思えませんけどね(^_-)-☆

そんなに力を入れている番組ならば、もっと東山さんが叩かれないように、キャスターとしてもっと番組が始まる前に事前に打ち合わせをしっかり行って番組に臨んでほしいです。東山さんなら長セリフを覚える力はあるわけで、事前に目を通して覚えれば、本番でカンペをそんなにチラチラ見なくても言えるんじゃないかと思うんです。スタッフが東山さんに遠慮していたら東山さんも変わっていきませんよね。

何故か今日はマイナスなことばかり書いてしまいましたね。こういう番組に不満な気分になったのは東山さんが「花燃ゆ」で桂小五郎をやったとき以来かな。

でも、今日のJ-Webで東山さんのへの質問で無責任なデマや炎上・・辛くはないですかの答えを聞いて、東山さんがものすごく愛しくなって、ファンとしてめげず応援していきたいと思った次第です。
「サンデーLIVE」、東山さんは「人間とは思えないほど美しい」キャスターです!人間的にもまじめで努力家で苦労人ですから人生経験に基づいてしっかりした考えを持っている人です。
回を重ねるごとによい評価がもらえるようになるといいです。。。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

第2回「サンデーLIVE」 [東山紀之]

10月8日(日)の第2回の「サンデーLIVE」
東山紀之さんは最初の挨拶からほほえみを浮かべていて、だいぶ初回とは違ってきていましたね。5歳の娘さんに「おはようございますが暗い」とダメだしされたとか。まさかのダメ出しに今回はきちっと応えて、硬かった表情から柔らかい表情に早くも変身。

初回、2回と終わって「暗い」「向いてない」「滑舌が悪い」とかいろいろ言われていますが、言われることによって負けず嫌いな東山さんは「なにくそ」精神で克服していきそうな予感がします。
第2回目は、最初の「朝刊LIVE」や「衆議院選、初の党首討論」など選挙関連のニュースでは、書かれた紙面を目で追いながら進めていく姿も見られましたが、こういう姿は羽鳥さんでもやっていますし、結構ニュース番組のキャスターも読みながらやっているんですよね。ツイッター検索をしていると、「カンペを頼りに云々」という批判ぽいことがリツイートされていますけど、やはり、こういう専門外のところは仕方ないかなとも思いました。画面を見ないで声だけ聴いていましたら、結構しっかり話を進行していてがんばってるな~と思いました。もう少し慣れてきたら、きっとカンペを見る回数も減ってくるだろうと思います。

今後東山さんに頑張っていただきたいなと思ったことは、「エンタメLIVE]。
東山さんはエンターテイメントに関してはどのキャスターよりも詳しいはず。カズオ・イシグロさんがノーベル賞を取った話題で、東山さんは、本は読んでいないが「日の名残り」という映画は見ていると答えていました。さすが映画通!ここですぐ「古田さん、読んだことありますか―」なんて振らないで、ご自分の観た映画のことを語れば視聴者をうならせることは確実なのに!。あとで東山さんが「素晴らしい映画でイギリスならではの敗戦後の???」せっかく説明を始めたけれど、なんといっているのか声がもぐもぐしてて聞き取れませんでした。こういうところが滑舌が悪いと言われてしまうんですよね。全体を聴いていると決していつも滑舌が悪いわけではないんですよ。はきはきして進めています。でも、コメントがどうも自信がないのか声が小さくなりがちですよね。しかも今回は自身で語らずキャスターに振ってばかり。気になりました。また、「荻野目ちゃんのダンシングヒーロー」の話題でも、もっと東山さんが語っていいと思うんですよね。少年隊と同年代に活躍した歌手なのですから。浅尾さんに振るより東山さんの口から荻野目ちゃんのことを語っていただきたかったです。どうもそういうところが物足りなくて・・・もっと自分の言葉で語れる人なのに、遠慮がちなところが東山さんらしい。「活字離れと言われていますが、こういうのを読んでいくことは大事ですよね」とか「仮面舞踏会もやってくんないかな」「いいな~たけしさん、怒られなくて。うらやましいな~」とか言っていましたが、こういうことをどんどん言ってほしいですね。

政治経済のことや北朝鮮のことなどは専門外のことなので、見ている方もひやひやしながら頑張れっという気持ちで見ていましたが、「週間シラベルスポーツ」では大谷選手と対談したことも語れて、「バース・デイ」の経験が生きてましたね。本田真凛へのコメントも「表現力が豊かだし、目の力っていうのかな、刺さってくるんですよね」といいコメント。
岐阜・白川郷と長崎くんちの朝メシの2つの中継では表情も笑顔が多く、ワイプの顔も美しくて、なかなかよかったです。

ヤフーニュースで「5歳の娘からダメだし」されたことが記事になっていて、マイナスコメントが多かったですけど、録画を見直してみると、東山さん、ずいぶん落ち着いていて、発声も良くて、決してひどいという出来ではないんです。まだ硬さがあって他のキャスターほど砕けていないけれど(私は、どちらかというとはしゃいで騒ぐ番組より、柔らかくゆったりした番組の方が好みなので東山さんの落ち着いたスタンスは好きなのですが)2回目にして笑顔が多くなっていますから、きっともっともっと良くなってくるのではないかと期待しています。

それにしてもストレッチの時の東山さん、スタイル抜群、足が長いですね~。こんなカッコいいキャスターを毎週早朝から見られるなんて幸せです!



nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:芸能