So-net無料ブログ作成

「泥棒役者」ステージレポ雑誌 [泥棒役者]

早いもので今日で5月も終わりですね。
5月はなんといっても丸山隆平さんと東山紀之さんの「泥棒役者」の舞台。
5月26日にその舞台のステージレポートの雑誌が2冊発売されました。
「Stage fan」「BEST STAGE」.。
2冊とも使われている写真がそれぞれ大きさや配置こそ違いはあれど、同じもので(@_@)。この写真は雑誌社でそれぞれのカメラマンが撮ったものではなくて提供されたものなのでしょうか?そんな気がしてきてしまいました。なぜなら一番見たかった「裸エプロン」や最初の登場したときの「Tシャツとトランクスの生脚」という衝撃の写真掲載が1枚も無かったからです。あえて避けたのでしょうかね。写真がないとなると私の記憶が消えないように脳裏にしっかり焼き付けておかないと!。でも舞台を観劇できなかった方々にとったら是非見たかったお姿だったでしょうに。残念です。

文章的には「Stage fan」の方が良かったです。

〇「Stege fan」驚きと笑いのドタバタコメディーの世界へ
度肝を抜かれたのはなんといっても東山の登場。普段のストイックで完璧なイメージからはとても想像がつかないマッシュルームヘアーにトランクスTシャツ姿。真逆の役を東山はノリノリで演じていた。
東山の演技
・しれっとした顔でますます事態を複雑なものにしていくさまが妙におかしみがある。
・丸山との先輩後輩の関係性や本人のいたずら好きな素顔のギャップ、彼の持ち前のコメディーセンスによるものが大きい。

〇「BEST STAGE」コミカルとシリアスを往来しながら・・・
東山の演技
・ユニークかつスタイリッシュに演じた。
・登場シーンのスタイルはとてもユニークな恰好だが、東山だとそれさえもカッコよく見えてしまうのが凄いところ。
・コミカルとシリアスを2人が自然に演じ分け観客にじんわりとした感動を呼び起こした。

・・・・・

今年2つのそれぞれ違いのある舞台を見せてくれた東山さんに感謝です。
それにしても、舞台が終わってセリフを覚えなくちゃと言っていられたのに、一向にそのドラマ?の情報が出ないのは何とも気になるところです。6月になると情報解禁になるでしょうか?
期待しております!!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

ブルースカイブルー [東山紀之]

今日は東山さんのHSSの「ブルースカイブルー」の青空が目に沁みます。東山さんが撮った写真の青空の向こうに微笑む西城秀樹さんのお顔が見えるような・・・今日はお通夜の映像やファンの方々の悲しみの涙を見て私もつい涙があふれてしまいました。西城秀樹さんのご冥福をお祈り申し上げます。

今週の木曜日のHSCは東山さんらしい答え方でほほえましく読ませていただきました。東山さんって「ほほう」とかいうんですよね。サンデーLIVEでも記事を見て言われていたことがありました(^^)/
一番印象深かったのは、東山さんが人に無表情とか感情が分からないとか言われるのをご存じなんですね(^_-)-☆。でも分かってくれる人が必ず現れる。僕もそうでしたって、なんて素敵なお言葉。東山さんも西城秀樹さんのように結婚されたのが40代。お子さんがまだ小さいですけど、東山さんは以前、「100歳まで舞台に立っていたい」と語っていられました。どうかいつまでもお元気で活躍されますように。30年以上東山さん一筋に応援してきた私は、これからもぶれることなく東山さんの大ファンでいられる自信があります。ずっと応援していきますね(^^)/
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:芸能

「サンデーLIVE!! 」5/20② [サンデーLIVE!! ]

時間がある時に「サンデーLIVE!! 」の録画を流し見しています。
今週の東山紀之キャスターの発言から心に留まったシーンをいくつか取り上げてみました。

①土曜日は次女の運動会。「年長さんを探せ」という競技に出場。筋肉痛で年を感じたとか。

②今週は、朝丘雪路さんの訃報が飛び込んできて、西城秀樹さんの訃報と重なり、親交のある東山さんはお伝えするのが辛そうでした。東山さんは津川さんを父親のような存在と思っていられて、「いつも雪会がね~と話していて、津川さんの気持ちを考えると~」と語る東山さんの声が震えているような感じで言葉が時折詰まって「悲しくなりますね」と気持ちを伝えていられましたね。「エンタメLIVE」では新聞に「星由里子さんの通夜」の記事が出ていたのですが、扱いませんでしたね。昔々、東山さんが「遠山の金さん」で同心役をしていたときの母親役だったような記憶が。最新では昨年1月3日の「大岡越前SP」で加藤剛さんの奥様役をされていましたね。東山さんも「最近お世話になった先輩たちがどんどん旅立っていかれるので伝えるのが切ない」とおっしゃっていました。お気持ち、お察しいたします。

③中尾彬さんがネジネジ200本捨てた話題で、古田さんに「捨てたものは?」と振ると「メガネ」。東山さんは古田さんに「明日奥さんに50本捨てられちゃうんじゃないですか(笑)」こんな冗談を言えるような仲になっているんですね(^^)/

④「英王室のウエディングで元カノが参列」で東山さん「向こうはね、結構多いんですよ。僕も友達の(結婚式に)参加したとき、こちらが小学校の時の彼女、中学校の、高校の、大学のと紹介されてリアクションに困った。向こうは割とオープン」とか。その話し方が動作付きで面白かったです。東山さんも外国の方の結婚式に出席されたりしたのですね~(^^)/

④日大アメフトの問題では、落ち着いた進行が上手くなっていましたね。野村教授のコメントがはっきりとわかりやすくて納得でした。「大学スポーツは何のためにやっているのか」とホント、言いたいですよね。東山さんも最後にスポーツは「フェアにどう闘ってそこから何を得るかが大事ですよね」と。

⑤大谷選手の仕草の話題で、プレー中にごみを見つけてさっと拾ったのですが「運を拾う」としてゴミ拾いを続けてきたそうで、なるほどいいことを聞きました。このことが、番組最後に、「また来週」と言った後で、「あっ、ゴミが!」と言って床のごみを拾う仕草になったのですね。番組をちゃんと見ていないと、なんで最後にあのようなことをしたのかわからないですよね。東山さんは、真面目そうでいてお茶目な方ですね(^^)/。

⑥「東山勉強会」では西城秀樹さんを取り上げていました。東山さんの秀樹さんを語る内容に説得力があって、近くで見て接してきた方だからこそ伝わる言葉がありました。

⑦早朝5:50にスタートしてからすぐの「天気予報」で、蛍の飛び交う幻想的なシーン映像があったのですが、こういう今の自然映像をもっと7時台にも流したらいいのにと思いました。7時台から視聴者も増えると思うのですが、その時間帯は「LIVE」というより1週間の話題のことやスポーツが中心です。ぜひ途中で「天気予報」を入れてLIVE感を出したらいいのでは?等、番組編成で思うところも出てきました。番組が長く続いてほしいので、スタッフの皆様にはますます頑張っていただきたいなと思ったりしました。
今週も東山キャスター、とっても素敵で頑張っていました!!



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

つぶやき [東山紀之]

5月22日、少年隊の錦織一清さんの53歳のお誕生日ですね。
ニッキさん、お誕生日おめでとうございます!!
会報で拝見したニッキさんは、すっかり演出家のお顔をされていて風貌は若いころとずいぶん変わられた感じですが、その才能はますます磨かれて今や数々の舞台の演出をされているのですから、素晴らしいとしか言いようのないご活躍。お誕生日を迎えられますます充実した演出家活動を期待いたします。と同時に、少年隊の再活動を強く願ってもおります。一にも二にも錦織さんの一声にかかっているのではないかと最近の私は思っております。←(あくまでも私一人の想像ですけど)。内情はもちろん知る由もありませんが、東山さんはいつ踊ってもOKで準備万端、しっかり体作りもされていますし、植草さんも少年隊の活動をやると言えば即OKの返事をされそう。錦織さんの演出スケジュール次第かもしれませんね。演出というのはとにかく下調べや打ち合わせなど私どもには想像もつかないような仕事で複雑な作業がたくさんあるのではと思います。思ったより忙しいのではないでしょうか。
とはいえ、そろそろまた少年隊の活動再開もぜひ期待してお待ちしております。

5月20日「サンデーLIVE!! 」、時々録画を見ています。東山さんは、19日が幼稚園の運動会だったそうで、ご自身も「年長さんを探せ」という競技に出場されたようですね。東山さんの次女は年中さんで、一緒に走ったりされたのでしょうか。筋肉痛で歳を感じているとかおっしゃっていましたけれど、東山さんならそんなことはないだろうと思って話半分に聞いておりました(笑)。こういう東山さんのプライベートの話が聞けるのもこの番組のオープニングの楽しみでもあります。何しろ東山さんをリアルタイムで見たい私は、毎週、早朝5時50分にはテレビの前にスタンバっているわけですが、いつも期待に応えてくださるさわやかなビジュアルと頑張りに嬉しさいっぱいです。早朝の天気予報もなかなか素敵なんですよね。蛍が飛び交う幻想的な闇のシーンとか蛍から梅雨予想の話題など、とても素敵な映像なのに、視聴者が少ない時間帯にやるのとてもはもったいないなと思ったりしています。蛍のシーンなどは7時台にもやってもいいように思うんですけど、スポーツがいつもながら多いですよね。
今週も、東山さんの笑顔や訃報に対しても悲しみや温かいコメントが多くて、東山さんの優しいお人柄を感じたサンデーLIVE!! でした。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

「サンデーLIVE!!」5/20① [サンデーLIVE!! ]

今日のサンデーLIVE !!の東山さんは、西城秀樹さんや朝丘雪路さんの訃報の報道に、つらいお気持ちで臨まれたのが見て分かりました。親交のある方の訃報に接しても冷静に語らねばならないのですからキャスターも大変な仕事ですね。感情をあらわにしないタイプの東山さんでしたが、今日は、朝丘雪路さんの訃報で津川さんのお気持ちを思うとき、声が震えていたような気がしました。

先ほど帰宅してまだ録画をしっかり見ていないので、今日はこの辺で。東山さんのキャスターが大好きなので、また後日、番組を見返して感想を書きたいと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

セリフ? [東山紀之]

東山紀之さん、「泥棒役者」の舞台が終わって1週間がたちましたけど、次のお仕事にとりかかっていられるのだろうか?ゆっくり休養されたのだろうか?などと思いを馳せながら毎週木曜恒例のJ-WebのHSCを覗いてみたら。。。嬉しい言葉を発見!!
「ゆっくりしたいのは山々だが。セリフを覚えなきゃ。」ですと!!

「台詞を覚えなきゃ」ってことは、次のお仕事で舞台はもう考えられませんので、何かドラマの仕事に入るってことですよね。何かやってくれそうでワクワクしてきました。
でも、なんのドラマなのでしょうね?
考えられるのは前も書きましたけど
①「大岡越前4」
②「棟居刑事シリーズ」
③「刑事7人4シーズン」
④「必殺仕事人」←これは今年1月7日に10周年記念SPとして放映されているので(撮影は2017年2月だったんですけどね)今年はもう撮影はしてもTV放送は無さそう。

昨年「刑事7人3」は5月25日に報道で発表されているんですよね。その前に撮影目撃情報がありましたけど。2016年の2シーズンは5月26日に発表されていました。例年通りだとしたらあと1週間もしたらわかりそうですね。いずれにしても、せりふを覚えなくてはならないようなドラマがあることが分かりましたので、新作かシリーズ物か、とにかく楽しみです。


今日は木曜ドラマ「未解決の女」に植草さんが出演されました。植草さんが出るというので普段ドラマはほとんど見ないのですが、久しぶりに刑事ドラマを拝見しました。久しぶりに見た植草さん、渋い俳優さんになられていて、これを機に、ドラマにどんどん出演されるといいなと思いました。ただ正直な感想は、植草さんのお顔が前と変わっているように思いました。犯人役だったせいもあるのか人相があまり良くなかったです。これは最新号の会報の写真やJ-netのメッセージのお顔を見ても思ったのですが、目元が鋭くなって人相が変わったように思いました。錦織さんは目元が柔和に感じましたけどね。こんな感想を書くと少年隊ファンの方にはキツイかもしれませんけど。。。
TOKIOの問題で東山さんのコメントがネットニュースに出るたびに「少年隊」はまだあるのかとか書かれていましたので、「少年隊健在!!」という姿を早く世間に知らしめたい思いです。

西城秀樹さんがお亡くなりになりました。西城さんのカッコよさが好きでしたのでとても残念で仕方がありません。ご冥福をお祈り申し上げます。
西城さんの訃報のニュースでバーモントカレーのCMが今日は盛んに流れましたけれど、私にとってはバーモントカレーは東山さんです。東山さんが9年間CMをやっている間、カレーはバーモントカレーしか買ったことがありませんでしたからね。懐かしいCMをYoutubeで見てみたくなりました。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

次のお仕事は? [東山紀之]

5月11日に東山紀之さんの出演した舞台「泥棒役者」が無事に終了して、東山さんもようやくほっとされていることでしょう。
今は毎週日曜日に「サンデーLIVE!!」と毎週土曜日の「バース・デイ」の2つのレギュラー番組を抱えていますが、そのほかのお仕事情報が欲しいですね。(ザ少年倶楽部の月一のプロデュースも抱えていましたね。)

毎年冬~春にかけて京都で「必殺仕事人」や「大岡越前」の撮影をされてきましたが、今年は1月から5月まで2つの舞台出演で、京都でのドラマ撮影はできない状態でした。
昨年秋も「サンデーLIVE!! 」を行いながらも京都で「大岡越前」の撮影をされていましたから、2つのレギュラー番組があってもドラマ撮影は可能ですよね。

気になるのは7月からの夏ドラマ。昨年まで3年連続で「刑事7人」をやりましたけど、今年はどうでしょうね。7人がばらばらになってしまって、一人は罪を負い、上司は降格になってますし、、、再結成はできない状態でドラマ化は難しそう。6月に入るころには夏ドラマの発表もあるかもしれないですが、気になります。

「必殺仕事人」は、昨年の視聴率が11%とれていましたから今年も十分撮影の可能性があります。でも、母親役の野際陽子さんが亡くなられ、ここへきて妻役の中越典子さんが妊娠を発表されました。渡辺小五郎の母親役と妻役のキャストさんが出演できない事態で「必殺」の撮影も難しそう。

「棟居刑事シリーズ」は土曜ワイド劇場がなくなってしまってシリーズ化が難しくなってしまいましたが「日曜ワイド」ができて、2時間ドラマも放映できる環境にはなりました。果たしで「棟居刑事」復活できますでしょうか?

一番撮影可能なのはNHKBSの「大岡越前5」ですね。大岡忠相にお子さんが産まれてほのぼのしたシーンでシリーズ4が閉じられました。今度はお子さんも交えながらの大岡ファミリーが見られそう。ぜひまた、撮影していただきたいです。

新しいお仕事もあるかもしれませんし、東山さんからの情報をお待ちしております。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

ESSで「泥棒役者」写真 [東山紀之]

〇東山紀之さんのJ-Webの ESSに、昨日千秋楽を迎えた「泥棒役者」のモジャ(丸山君)とマッシュ(東山さん)の最後の楽屋での写真が掲載されていました。
これは貴重な写真ですよね。何しろ、舞台衣装の写真が私の手元には1枚もないのですから。
東山さん演じたマッシュのお姿はなんと!一番最初の登場時のトランクスと白シャツ!!生足も、足首の細さまでもわかります[揺れるハート]
さらに後ろにかかっている楽屋「のれん」は、懐かしい。森光子さんから戴いたのれんではありませんか?黄色い月に緑の森の楽屋のれん。確か白馬も描かれていたような記憶が。
東山さんはマッシュルームカットヘアーで丸山君と手をつないでいます。丸山君は舞台でもチャーミングでしたが、この写真も笑顔です。二人はどんな会話をされていたのでしょうね。お二人のステキな関係が舞台の演技を見ていてもすごく良くわかりました。この写真を見て、脳裏に焼き付けた数々のシーンが思い出されました。

〇今日の朝刊に挟まれていたAOKIのチラシ広告。またまた東山さんのカッコイイ楽動スーツの写真が載っていました。しかも今週のチラシにはいつもの黒の礼服写真ではなく、半そでの楽動シャツを着て腰に手を当てているカッコイイ写真も掲載されているではありませんか!
夏バージョンのこの写真、本当に素敵です。テレビでは相変わらず松坂さんのCMしか流れませんが、この東山さんのカッコイイお姿をCMで見たいです。AOKIのCMは楽動コート以来見かけませんね。何とかTVCMで見てみたいです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

「泥棒役者」千秋楽 [東山紀之]

東山紀之さん出演の「泥棒役者」、本日、大千秋楽を無事に迎えられ、おめでとうございました。
4月5日から大阪で公演スタート、その後4月15日から本日5月11日までの約1か月半に及ぶ36公演。大変お疲れさまでした。

私は今回、2回ほど何とかチケットをゲットして観劇することができました。
今回の舞台は丸山隆平さん主演のコメディー。すでに丸山さんが昨年映画で演じられた役を引き続き舞台で公演するということで、丸山さんにとっては、おなじみの役柄。そして、映画では名優・市村正親さんが演じられた前園俊太郎役を東山さんが演じるということで、舞台が始まる前は、少々、心配でした。市村さんと比べられて悪評でも立たないかと。(東山さん、ごめんなさい)。ところが、幕が上がってみると、東山さん演ずる前園役が思った以上に好評で、ヒガシファンとして安堵した次第です。
実際私も、観劇をしてみて、東山さんのコメディーセンスの素晴らしさを再確認いたしました。
東山さん演ずる前園役=マッシュは、本当にはじけていて型破りでとぼけていて、何とも言えない可愛らしさを持ったお茶目な役でした。
演じる東山さんは、声がよく通り、大げさにはじけたりかっこつけたり、見事に風変わりな絵本作家役を演じきっていました。

印象に残ったシーン(忘れかけていますので、大まかに)

・最初の登場時の姿=白Tシャツにトランクス。おみ足の長さと美しさに目を奪われて話をあまり覚えていない。東山さんの生足はあまり見たことが無かったのでクラクラ・・
・エプロンをもって着替えに行き、登場したその姿は「裸エプロン」。もう見事な肉体美にクラクラクラクラ・・・裸の背中と生おみ足がなまめかしく、さらには脇から見える筋肉質の胸筋、それにしても背中も脇も筋肉質なのに細い!
・階段を降りながら、自分の名前を名乗る時「前園俊太郎ですッ!!」と言ってポーズをとる姿がお茶目。
・いくつも衣装をかえて登場する中で、パンタロン風のスタイルが印象に残っています。足がすらっと長く、スタイルの良さが際立ってて。やはり話の流れより東山さんを眺めることに夢中で、上の空(^_-)-☆
・劇中劇を演じているときの衣装が凄い。杖を突いたお爺さん役、サングラスをかけたマフィア?拳銃で皆殺しとか・・

ストーリーは正直なところ正確に展開を覚えていないので省略しますが、最後にすれ違いのまま亡くなった妻の原画に残された手紙がこの劇のハイライト。「タマとミキ」という童話の題名をさかさまに読むと「キミとまた」。この言葉に妻の思い、願いがこもっていたのでした。
「タマとミキ」→「きみとまた」 ジーンとするシーンでした。


舞台はストーリー展開はすれ違いの連続で面白おかしく話が進みました。途中で考えた物語を扮装して演じてみたり。東山さんがおじいさんになって、よろよろ杖をついて登場したり、それがまた非常に大げさな仕草で笑いが起こり・・・

軽いコメディータッチの舞台でしたが、東山さんが本当に楽しんで思いっきり演じている姿が素敵でした。

今年は1月に歌って踊るアイドルの東山さんを見ることができて、ダンスが素晴らしい東山さんを堪能できました。4月・5月にはコメディーの舞台を楽しみました。4年前の「ジャンヌ・ダルク」はシリアスな重厚な舞台でしたから、東山さんが年齢を重ねても様々な姿を見せてくださって、本当にファン冥利に尽きる思いです。

ぜひまた、次に今までとは違った新しい舞台をやっていただきたいと切に願っております。
東山さん、1か月半にわたる舞台、本当にお疲れさまでした。素敵な舞台をありがとうございました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

つぶやき [東山紀之]

〇東山紀之さんのJ-WebのHSC、何やら後輩ファンの方たちの投稿が多そうですね。私もいくつか質問を送りましたけれど、みんなはじかれてしまいました(*´Д`)。今更、東山さんに人生相談するような年齢でなし(^_-)-☆。どんな質問がいいのかしらね。

〇東山紀之さんが以前NHKの土曜ドラマで主演した「七つの会議」が映画化されるそうですね。出演者は東山さんではありませんが、気になりました。NHKドラマの「七つの会議」は原作が池井戸さんのしっかりした作品でしたが、原作と主人公が違っていたのですよね、東山さんが白髪交じりのサラリーマンをリアルに演じて好評だったのを覚えています。視聴率は高くはありませんでしたが、東山さんの演技力が認められた作品だったと思います。録画ももちろんして、さらにDVDも購入してあります。久しぶりに、引っ張り出して、見たくなりました。東山さんにはこういう良質のドラマにまた出ていただきたいです。

〇舞台「泥棒役者」もいよいよ明日は千秋楽を迎えるのですね。先日は映画で前園俊太郎=マッシュを演じた市村さんが観劇されたとか。東山さんのマッシュを見て、市村さんはどう感想を東山さんに伝えられたのでしょうね?東山さんのマッシュもツイッターで見る限り、好評で、皆さん悪いことは書かれていないので、総じて好演されたのだと思っています。もちろん私も東山さんのこの舞台での演技は素晴らしいと思っていますが、何しろ東山さんを見る目が[黒ハート]
[黒ハート][黒ハート]なので、冷静な判断ができていないかもしれませんので、ほかの人の評価を気にしていました。

〇この「泥棒役者」が終わったら、次なるお仕事はどんなことをされるのでしょう。毎週生放送で東山さんに会える幸せを感じながらも、ドラマでも見たいです。京都へ行って「必殺仕事人」「大岡越前」の撮影に入られるのかしら?それとも?3年連続で7月に放送された「刑事7人」は今年はやらないのでしょうか?
そろそろまた新しいお仕事情報が耳にはいることを期待しております。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能